top of page
  • 執筆者の写真C M

穀雨 躑躅

更新日:5月3日




穀雨は、歩くと花が咲いていて、楽しい季節。

鮮やかなツツジに、つい足を止めて見てしまいそうです。

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花という言葉もありますね。


泉鏡花の隠れた名作短編集 竜潭譚(りゅうたんだん)に収められた躑躅か丘より一文。


行ゆく方かたも躑躅なり。来こし方かたも躑躅なり。山土のいろもあかく見えたる。あまりうつくしさに恐しくなりて....


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page